<< 医療事務の取得期間の目安・傾向 | main | 医療事務の通信講座 >>

スポンサーサイト

  • 2016.01.20 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務合格率・合格ライン

医療事務合格率・合格ラインをクリアするには医療事務の知識とノウハウを習得する必要があります。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の医療事務講座を受講しませんか。

医学の進歩で高齢者の長寿命化が進んでいます。

高齢者が増え続けています。

若い世代に比べて高齢者の保険診療や保険調剤の割合が増えています。

保険診療や保険調剤の増加に伴って病院や診療所で働く医療事務スタッフの仕事も増えています。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で学んで医療事務スタッフとして病院や診療所で働きませんか。

「がくぶん」の医療事務講座を受講して医療事務スタッフとして必要な知識とノウハウを習得しましょう。

次に、医療事務合格率・合格ラインを紹介します。

1)医療事務の合格ライン

医療事務合格率・合格ラインは「がくぶん」の通信教育講座内容をシッカリと習得することです。

通信教育講座の「がくぶん」の医療事務講座には、決められた講座時間割や通学する必要はありません。

通信教育講座なのでライフスタイルや勤務スタイルに合わせたマイペース学習ができます。

通信教育講座をリラックスしたマイペース学習で修了しませんか。

2)合格率アップ

「がくぶん」の医療事務合格率・合格ラインはクリアできます。

「がくぶん」の通信教育講座の内容を正しく理解すれば合格率もアップします。

「がくぶん」の医療事務講座(通信教育)で学ぶ内容は以下の通りです。

・病院の概要や医療保障制度のしくみ

・請求事務の基本

・診療報酬明細書(レセプト)の基礎知識と外来と入院の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成と点検

・老人保健や公費負担医療などです。

「がくぶん」の通信教育講座では、療事務スタッフとして必ず必要になる医事コンピュータのことも学べます。

3)医科と歯科コース

「がくぶん」の医療事務合格率・合格ラインは、医療事務講座の医科コースと歯科コースで違います。

医科コースト歯科コースでは、若干医科コースのほうがレベルが高いようです。

レベル差は標準受講期間に表れています。

医科コースの標準受講期間は6ヶ月で、歯科コースの標準受講期間は4ヶ月になります。

医科コースの主教材は、医科メインテキスト1・医科メインテキスト2・医科メインテキスト3です。医科コースにはサポート教材の医科ワークブック・医科サポートブック・診療報酬明細書・医科レポート集が用意されています。

医科コースでは医科コンピュータの基礎も習得できます。

医科コースの標準受講期間6ヶ月で病院と診療所の医療事務に必要な知識とノウハウを習得できます。
「がくぶん」の歯科コースは医科コースよりも標準受講期間が短いだけ合格ラインが低くなります。

歯科コースの主教材は、歯科コース テキスト「歯科医療事務の実際」(基礎編・応用編)とテキスト「歯科助手の基本知識」になります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座には医科コースと歯科コースがあります。

標準受講期間6ヶ月で医科コースの合格ラインをクリアできます。

標準受講期間4ヶ月で歯科コースの合格ラインをクリアできます。






スポンサーサイト

  • 2016.01.20 Wednesday
  • -
  • 15:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク