スポンサーサイト

  • 2016.01.20 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務の志望動機

医療事務の志望動機には、ライフスタイルに合わせた勤務スタイルで近所の医療機関で働きたいなどが多いようです。

女性はパートナーの転勤・転居・妊娠・出産・育児などで、会社勤務を続けるのが困難な状況になるケースがあります。

資格と経験があれば転居先や出産後の就職もスムーズに進みます。

資格や知識や仕事のノウハウは家庭の安定収入をサポートします。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で医療事務スタッフとして働くための知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の医療事務通信教育講座で学ぶことは、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ
・請求事務の基本・セプトの基礎知識

・外来の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成
・入院の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータ操作などです。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関は全国に約18万あります。

医療事務の資格と知識とノウハウは、転居先や育児をしながら近所の病院・診療所・歯科診療所で活かせます。

次に、医療事務の志望動機について紹介します。

1)育児をしながら

医療事務スタッフは育児や家事をしながら働くのに有利な仕事です。

家事や育児と仕事を両立させたい女性に人気のある仕事です。

医療事務の志望動機では、パートナーの転勤・転居・妊娠・出産・育児などで職場を離れた場合の再就職対策というのが多いようです。

女性の多くは結婚・妊娠・出産・育児などで会社を退職するケースが多くあります。

専門資格やスキルがあれば再就職も容易ですが、多くの女性は出産・育児が終わって就労復帰するのは難しいのが現実です。

育児をしながら近所の病院・診療所・歯科診療所で働きませんか。

「がくぶん」の医療事務講座では、保険診療会計・診療報酬明細書(レセプト)作成や点検の知識とノウハウを学びます。

医療事務資格があれば病院・診療所・歯科診療所への就職も有利になります。

2)近所で働く

医療事務の志望動機には、近所の病院・診療所・歯科診療所で働けるからというのがあります。

ライフスタイルに合わせて近所の病院・診療所・歯科診療所で働きませんか。

「がくぶん」の通信教育講座で医療事務の知識とノウハウを学んで資格取得すれば就職も有利になります。

医療事務スタッフの仕事には、診療受付・電話応対・患者接遇・カルテ整理・診療費会計・診療報酬明細書(レセプト)作成・点検などがあります。

「がくぶん」の通信教育講座なら家事や育児の合間のスキマ時間を活かして医療事務の知識とノウハウを学べます。

3)家計のサポート

医療事務の志望動機には家計のサポートがあります。

昔は年功序列の給与体系で終身雇用スタイルだったので将来の世帯収入はある程度予測できました。

働く世代の人口減と実力主義・成果主義の就労システムによって終身雇用システムは崩れました。

全労働者の4割は非正規労働者だとされています。

継続的な家計の安定のためには女性による家計サポートが不可欠です。

雇用が安定しない時代でも世帯収入を2人で支えれば家計を安定させることができます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

診療報酬明細書(レセプト)作成・点検などの医療事務の知識とノウハウがあれば育児をしながら近所の病院・診療所・歯科診療所で働けます。

医療事務の資格と知識は家計の安定に役立ちます。







医療事務に求められる能力

医療事務に求められる能力では、医療保険制度やレセプトの作成とチェック・外来と入院の点数算定などの知識とノウハウ・パソコンや医療ソフトの操作・患者やスタッフとのコミュニケーションなどが考えられます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の講座は通信教育なので自宅でマイペース学習ができます。

通学制の講座に通うのが困難な家事や育児に忙しい女性におススメの講座です。

会社勤務で講座に通うのが大変な女性にもおススメします。

次に、医療事務に求められる能力の紹介をします。

1)医療事務に求められる能力

「がくぶん」の通信教育講座の医療事務講座で病院・診療所・歯科診療所の医療事務スタッフとして必要な知識とノウハウを学べます。

病院・診療所・歯科診療所で必要な医療事務スタッフの仕事には、レセプトの作成と点検・診療受付・電話対応・患者接遇・カルテ管理などがあります。

「がくぶん」の通信教育の医療事務の講座内容を紹介します。

・病院の概要・医療保障制度のしくみ
・請求事務の基本・レセプトの基礎知識

・外来の点数算定とレセプトの作成
・入院の点数算定とレセプトの作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどです。

2)診療報酬明細書

医療事務に求められる能力では診療報酬明細書(レセプト)の作成・点検が最も大切だと考えられます。

診療報酬明細書は患者が受けた保険診療で発生する明細書です。

病院・診療所・歯科診療所・保険薬局から市町村や健康保険組合等の保険者に請求する医療費明細書になります。

診療報酬明細書は、病院・診療所・歯科診療所・保険薬局で患者が負担した医療費の残りを請求するときの明細書です。

診療報酬明細書は保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療費の内訳の説明書です。

保険診療で必ず発生する診療報酬明細書の作成・点検を学ぶには、「がくぶん」の通信教育で医療事務講座をおススメします。

3)OA機器操作

医療事務に求められる能力ではOA機器の操作も必要とされます。

病院・診療所・歯科診療所などでの医療事務処理ではパソコンなどのOA機器や医療業務ソフトを事務処理に使用しています。

保険診療の会計やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検には、コンピュータ操作と医療業務ソフト操作能力が必要です。

医療機器の多くはOA機器と連動しています。

OA機器の誤動作や操作不良などは事務処理を停滞させます。

パソコンなどのOA機器や医療業務ソフト操作に慌てないようにすることが大切です。

「がくぶん」の医療事務の通信講座では病院・診療所・歯科診療所の医療事務に必要な知識とノウハウを学べます。

医療事務スタッフの仕事には、診療報酬明細書(レセプト)の作成と点検・診療受付・電話対応・患者接遇・カルテ管理などがあります。

医療事務の処理には医療スタッフとのコミュニケーションが不可欠です。

診療受付・電話応対・患者接遇・診療案内・保険診療会計の仕事では患者とのコミュニケーションが必要になります。

コミュニケーション力があれば仕事がスムーズに進みます。







医療事務に向いている人・向いていない人

医療事務に向いている人・向いていない人について考えます。

病院・診療所・歯科診療所では、

・診療報酬明細書(レセプト)作成・診療報酬明細書(レセプト)チェック

・パソコン操作・医療ソフト操作

・患者とのコミュニケーション・医療スタッフとのコミュニケーション力が求められます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で医療事務処理に必要な知識とノウハウを取得しませんか。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

自宅でのマイペース学習で、病院・診療所・歯科診療所で求め垂れている知識やノウハウが習得できます。

次に、医療事務に向いている人・向いていない人について紹介します。

1)パソコン操作と医療ソフト操作

医療事務に向いている人・向いていない人を考えると、基本的なパソコンやOA機器の操作と医療専用ソフトウエアの操作が好きな人が向いています。

OA機器の機能や医療ソフト機能の向上によって、保険診療費関係の会計・診療報酬明細書(レセプト)作成・診療予約・スタッフの勤務シフト調整・カルテ管理・処方箋管理などはパソコンで処理するケースが一般的になっています。

パソコンと医療ソフト操作に慣れていることが大切です。

自宅でのマイペース学習時にパソコン操作について慣れる練習をすると実務で慌てることが少なくなります。

2)診療報酬明細書(レセプト)の作成とチェック

医療事務に向いている人・向いていない人を考えると、診療報酬明細書(レセプト)の作成とチェックが好きな人が向いていると考えられます。

診療報酬明細書(レセプト)の作成・チェックは医療事務スタッフに求められる仕事です。

「がくぶん」の医療事務講座では、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ

・ 請求事務の基本・診療報酬明細書(レセプト)の基礎知識

・外来の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成・入院の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータを学びます。

診療報酬明細書(レセプト)の作成とチェック方法を習得すればスムーズに医療事務の仕事を処理できます。

3)医療スタッフや患者とのコミュニケーション

医療事務に向いている人・向いていない人では、医療スタッフや患者とのコミュニケーションが上手な人が向いているのではないでしょうか。

外来の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成・入院の点数算定と診療報酬明細書(レセプト)の作成・老人保健・公費負担医療関係の仕事では医療スタッフとのコミュニケーションが大切になります。

患者とのコミュニケーションは効率の良い診察スピードや病院や診療所の評判に影響します。

医療スタッフや患者とのコミュニケーション力をアップすれば仕事もスムーズに処理できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

医療事務スタッフの仕事に向いている人は、パソコン操作と医療ソフト操作が好きな人・診療報酬明細書(レセプト)の作成とチェック力がある人・医療スタッフや患者とのコミュニケーション力が優れている人だと考えられます。